結果

ブラジル カンピオナート・パラナエンセ 02/25 19:00 11 [1] アトレティコ・パラナエンセ v サン・ジョゼエンセ [9] W 3-1
ブラジル カンピオナート・パラナエンセ 02/18 21:30 10 [2] コリチーバ v アトレティコ・パラナエンセ [1] D 1-1
ブラジル カンピオナート・パラナエンセ 02/15 22:00 9 [2] アトレティコ・パラナエンセ v オペラリオPR [5] D 0-0
ブラジル カンピオナート・パラナエンセ 02/10 19:00 8 [9] ロンドリーナ v アトレティコ・パラナエンセ [1] W 1-2
ブラジル カンピオナート・パラナエンセ 02/07 23:30 7 [2] アトレティコ・パラナエンセ v FCカスカヴェウ [6] W 1-0
ブラジル カンピオナート・パラナエンセ 02/03 21:30 6 [2] アトレティコ・パラナエンセ v PSTC [10] W 4-0
ブラジル カンピオナート・パラナエンセ 01/31 23:00 5 [2] シアノルテ v アトレティコ・パラナエンセ [4] W 0-1
ブラジル カンピオナート・パラナエンセ 01/27 21:30 4 [5] アトレティコ・パラナエンセ v ガロ・マリンガ [11] W 2-1
ブラジル カンピオナート・パラナエンセ 01/24 22:00 3 [4] アトレティコ・パラナエンセ v マリンガ [1] D 1-1
ブラジル カンピオナート・パラナエンセ 01/21 19:00 2 [3] アズリス v アトレティコ・パラナエンセ [3] D 0-0
ブラジル カンピオナート・パラナエンセ 01/17 23:00 1 [2] アンドラウス・ブラジル v アトレティコ・パラナエンセ [3] W 0-2
ブラジル セリエA 12/07 00:30 38 [12] クイアバ v アトレティコ・パラナエンセ [8] L 3-0

Stats

 TotalHomeAway
Matches played 69 35 34
Wins 33 22 11
Draws 20 11 9
Losses 16 2 14
Goals for 100 62 38
Goals against 67 28 39
Clean sheets 24 16 8
Failed to score 15 4 11

アトレチコ・パラナエンセ(ポルトガル語: Club Athletico Paranaense)は、ブラジル・パラナ州クリチバをホームタウンとする、カンピオナート・ブラジレイロに加盟するプロサッカークラブ。

「パラナエンセ」とは「パラナ州の人・物」を表すポルトガル語で、他地域にある「アトレチコ」と名の付くクラブを区別する為、通常はパラナ州の略称『PR』と組み合わせて「アトレチコ-PR(Athletico-PR)」と表示される。なおアルファベットの綴りについて同名の他チームと違い、中に「h」を入れている。(ポルトガル語ではhを発音しないため、「Atlético」と綴る他のチームと読み方は変わらない)

通称は「furacão(ハリケーン)」と呼ばれる。

History

1924年3月21日、それまでクリチバに存在したインテルナシオナルFCとアメリカFCという二つのクラブの合併が発表され、5日後の3月26日にアトレチコ・パラナエンセが正式に設立された。

1990年代に入ってからはクラブ施設の強化に力を入れ、2001年には2001 カンピオナート・ブラジレイロ・セリエA優勝、2005年にはコパ・リベルタドーレス決勝進出を果たすまでになった。

2005年には京セラドキュメントソリューションズのアメリカ支社が2008年までのスタジアムの命名権を取得し、京セラアリーナという名前に変わった。

2013年12月8日、セリエA第38節、ホームにヴァスコ・ダ・ガマを迎えた試合の最中、観客席で重傷者3名を出す大規模な暴動が発生。アトレチコ・パラナエンセは、罰金と無観客試合などのペナルティを科された。

2022年2月16日、カンピオナート・パラナエンセ(パラナ州選手権)の対コリチーバFC戦で両チームのファン同士で暴動が発生。その結果パラナ州スポーツ司法裁判所より2023年1月のホームでの試合を無観客試合に罰せられる。 両チームが上訴の上、結果として女性と12歳未満の男子のみスタジアムの入場が許されるようになる。2023年1月15日コリチーバvsアルコ戦での女性と子供のコリチーバサポーターが集まり、次週の1月22日アトレチコPRvsマリンガFC戦の試合で32000人の女性と子供のみのアトレチコPRサポーターの観客・応援団を集めた。

アトレティコ・パラナエンセは、ブラジルのパラナ州クリチバを本拠地とするサッカークラブです。1924年に創設され、ブラジル全国選手権セリエAとコパ・ド・ブラジルをそれぞれ1回ずつ優勝しています。また、コパ・リベルタドーレスにも2回出場しており、2005年には準優勝を果たしています。

アトレティコ・パラナエンセは、その攻撃的なサッカースタイルで知られており、ブラジル国内でも屈指の強豪チームとして知られています。また、ブラジル代表選手を輩出しており、2002年のワールドカップでは、チームの主将を務めたジュニオール・バイアーノや、得点王となったロナウドがアトレティコ・パラナエンセに所属していました。

アトレティコ・パラナエンセは、2009年に初めてコパ・リベルタドーレスに出場し、ベスト16に進出しました。2018年には、2度目の出場で準決勝に進出し、ブラジルのクラブとしては2006年のインテルナシオナル以来となるベスト4進出を果たしました。

アトレティコ・パラナエンセは、ブラジル国内でも屈指の人気クラブであり、本拠地のアレーナ・ダ・バイシャーダは、常に多くのサポーターで埋め尽くされています。