結果

ワールドカップ 2022 12/06 19:00 4 [1] ポルトガル v スイス [2] W 6-1
ワールドカップ 2022 12/02 15:00 3 [3] 韓国 v ポルトガル [1] L 2-1
ワールドカップ 2022 11/28 19:00 2 [1] ポルトガル v ウルグアイ [3] W 2-0
ワールドカップ 2022 11/24 16:00 1 [3] ポルトガル v ガーナ [3] W 3-2
国際試合 11/17 18:45 - ポルトガル v ナイジェリア W 4-0
UEFAネイションズリーグA 09/27 18:45 6 [1] ポルトガル v スペイン [2] L 0-1
UEFAネイションズリーグA 09/24 18:45 5 [3] チェコ共和国 v ポルトガル [2] W 0-4
UEFAネーションズリーグ 06/12 18:45 4 [4] スイス v ポルトガル [1] L 1-0
UEFAネーションズリーグ 06/09 18:45 3 [1] ポルトガル v チェコ共和国 [2] W 2-0
UEFAネーションズリーグ 06/05 18:45 2 [2] ポルトガル v スイス [4] W 4-0
UEFAネーションズリーグ 06/02 18:45 1 スペイン v ポルトガル D 1-1
欧州 ‐ ワールドカップ予選 03/29 18:45 1 [2] ポルトガル v 北マケドニア [2] W 2-0

Stats

 TotalHomeAway
Matches played 13 9 4
Wins 9 8 1
Draws 1 0 1
Losses 3 1 2
Goals for 32 26 6
Goals against 9 5 4
Clean sheets 6 5 1
Failed to score 2 1 1

サッカーポルトガル代表(サッカーポルトガルだいひょう、ポルトガル語: Selecção Portuguesa de Futebol)は、ポルトガルサッカー連盟(FPF)によって編成されるポルトガルのサッカーのナショナルチームである。

History

1960〜1990年代

初出場となった1966年のイングランド・ワールドカップでは3位に入った。しかしその後は低迷し、国際大会の予選敗退が続いた。1984年のUEFA欧州選手権1984で久々に国際舞台に立ち、ベスト4に進出し、2年後のメキシコW杯では欧州予選の最終戦で地区予選通算で無敗の西ドイツにアウェイで勝利して本大会出場を決めるが、グループステージ敗退に終わり、その後再び低迷した。

この状況を打破したのが1989年、1991年のFIFAワールドユース選手権で優勝したルイス・フィーゴ、マヌエル・ルイ・コスタ、パウロ・ソウザ、フェルナンド・コウト、ジョアン・ピントらを筆頭とするゴールデン・ジェネレーション(黄金世代)であった。1996年のUEFA EURO 1996で初めてフル代表での国際大会に挑んだ彼らは、「アコーディオン・システム」と呼ばれる中盤での頻繁なポジションチェンジとパスサッカーを駆使してベスト8進出を果たした。

2000〜2010年代

UEFA欧州選手権2000ではFWにヌーノ・ゴメスという人材を得てベスト4に入ったが、日韓W杯では優勝候補として挙げられるも、グループリーグ初戦のアメリカ戦で敗れ、同最終戦の韓国では退場者を2人も出すというアクシデントもあって0-1で敗れ、グループリーグ敗退となった。この大会を最後に黄金世代の多くが代表引退を表明した。

開催国として出場したUEFA EURO 2004では初戦、ギリシャに敗れグループリーグ敗退の危機に陥ったが、ルイス・フェリペ・スコラーリ監督は大幅なメンバーの入れ替えを敢行し、クリスティアーノ・ロナウド、デコ、リカルド・カルヴァーリョら黄金世代に代わる新戦力を軸に決勝進出を果たし、決勝でギリシャに再び敗れたものの準優勝となった。

その後も世代交代が進み、ベテランと若手が噛み合わさりドイツW杯ではエウゼビオ時代以来40年ぶりとなるワールドカップでのベスト4進出を果たした。UEFA欧州選手権2008ではドイツに敗れベスト8、南アフリカW杯ではスペインに敗れベスト16。UEFA EURO 2012では2大会ぶりのベスト4進出を果たしたが、スペインに延長PK戦の末敗れた。ブラジルW杯では最終的には勝ち点4でアメリカと並んだものの、ドイツとの初戦で0-4の大敗を喫したことが響きグループリーグで敗退した。

UEFA EURO 2016ではグループリーグでは3引き分けと苦しむが、ラウンドオブ16ではクロアチアに延長後半12分のリカルド・クアレスマのゴールで1-0で勝利、準々決勝でポーランドにPK戦の末勝利、準決勝でウェールズにロナウドの1ゴール1アシストで勝利し、3大会ぶりに決勝進出。決勝で地元フランスを相手に、エデルの延長後半4分ゴールが決勝点となり、1-0で勝利、UEFA欧州選手権で初優勝を果たした。ポルトガルの主要大会でのタイトルは全てを通してこれが初めてである。

欧州選手権優勝により、FIFAコンフェデレーションズカップ2017に出場、グループAを2勝1分の首位で準決勝に進出したものの、チリに0-0からのPK戦で敗れ、3位決定戦でメキシコに延長の末2-1で勝利、3位となった。

2018 FIFAワールドカップでは、欧州選手権チャンピオンとして優勝候補に挙げられる一方で、クリスティアーノ・ロナウドが前回大会に続いて前年度のバロンドールに選出されたことから、いわゆる「バロンドールの呪い」のジンクスを指摘する向きもあった。グループBでは、初戦でロナウドがハットトリックを記録するなど1勝2分の2位で、2大会ぶりに決勝トーナメント進出を果たしたが、決勝トーナメント初戦のウルグアイ戦で、エディンソン・カバーニに2ゴールを許し1-2で敗退した。

2020年代

1年順延されたUEFA EURO 2020ではグループリーグ初戦でハンガリーに勝利するも、第2戦のドイツ戦で敗れ、前回の2016年大会決勝の再現となった第3戦のフランス戦では引き分け、1勝1敗1分けの勝ち点4の3位で通過した。ラウンドオブ16ではベルギーに敗れ、大会2連覇はならなかった。