スケジュール

チェコ 2.リーガ 07/27 08:15 2 シグマオロモウツB vs SKプロステヨフ - View
チェコ 2.リーガ 07/31 16:00 3 シグマオロモウツB vs ヴィクトリア・ジシュコフ - View
チェコ 2.リーガ 08/05 15:30 4 FCトリニティ・ズリーン vs シグマオロモウツB - View
チェコ 2.リーガ 08/11 08:15 5 シグマオロモウツB vs ヴィソチナ・イフラヴァ - View
チェコ 2.リーガ 08/17 15:00 6 スラヴィアプラハB vs シグマオロモウツB - View
チェコ 2.リーガ 08/24 15:00 7 シグマオロモウツB vs バニーク・オストラヴァB - View

結果

チェコ 2.リーガ 07/20 08:15 1 [4] MFKフルディム v シグマオロモウツB [7] L 3-0
欧州親善試合 07/10 15:06 - シグマオロモウツB v SKUアムステッテン L 0-1
欧州親善試合 07/06 09:00 - FCペトルジャルカ v シグマオロモウツB W 1-3
欧州親善試合 07/02 09:00 - シグマオロモウツB v FKポヴァスカ・ビストリツァ W 1-0
欧州親善試合 06/29 15:00 - シグマオロモウツB v MFKスカリツァ L 2-3
欧州親善試合 06/22 09:00 - シグマオロモウツB v オパヴァ D 1-1
チェコ 2.リーガ 05/25 15:00 30 [2] シグマオロモウツB v ヴァルンスドルフ [12] W 2-1
チェコ 2.リーガ 05/19 15:00 29 [5] MFKフルディム v シグマオロモウツB [2] W 1-3
チェコ 2.リーガ 05/13 14:30 28 [2] シグマオロモウツB v スパルタプラハB [9] W 3-1
チェコ 2.リーガ 05/08 16:00 27 [8] FCセリエル&ベロットヴラシム v シグマオロモウツB [3] W 0-3
チェコ 2.リーガ 05/05 08:15 26 [4] シグマオロモウツB v FC SILONターボルスコ [3] W 1-0
チェコ 2.リーガ 04/27 12:00 25 [1] デュクラプラハ v シグマオロモウツB [4] W 0-3

Stats

 TotalHomeAway
Matches played 40 22 18
Wins 22 12 10
Draws 5 3 2
Losses 13 7 6
Goals for 62 31 31
Goals against 51 22 29
Clean sheets 13 8 5
Failed to score 7 4 3

SKシグマ・オロモウツ(英語: Sportovní Klub Sigma Olomouc)は、チェコのオロモウツをホームタウンとするサッカークラブ。

History

クラブは1919年にFK Hejčínの名称で創設された。1996年にSKシグマ・オロモウツに改称した。

2012年、ポハール・チェスケー・ポシュスティ決勝でスパルタ・プラハを1-0で破り、初優勝を飾った。この結果、UEFAヨーロッパリーグ 2012-13予選3回戦出場権を獲得したが、2009年の汚職事件が明らかになったことにより、欧州サッカー連盟によって大会から除外された。シグマ・オロモウツはこの件に関して2011-12シーズンのガンブリヌス・リガでも勝ち点9の減点処分を受けていた。

2014年、1984-85シーズンから30シーズン連続で所属していたトップディビジョンから降格した。

シグマオロモウツBは、チェコのオロモウツを拠点とするサッカークラブです。1953年に設立され、現在はチェコ2部リーグであるチェコ・ナショナル・フットボールリーグに参加しています。シグマオロモウツのセカンドチームであり、トップチームの選手育成を主な目的としています。

シグマオロモウツBは、ホームスタジアムをアンドレフスタジアムとしています。アンドレフスタジアムは、シグマオロモウツのトップチームも使用するスタジアムで、収容人数は12,566人です。

シグマオロモウツBの監督は、2021年よりラディム・ネズマラ氏が務めています。ネズマラ監督は、シグマオロモウツのトップチームでプレーした経験があり、2020年にシグマオロモウツBの監督に就任しました。

シグマオロモウツBの主な選手には、フォワードのマルティン・ザハラ、ミッドフィールダーのダビッド・ストラスキー、ディフェンダーのヤクブ・ソボレフスキーなどがいます。

シグマオロモウツBは、チェコ2部リーグで中位から下位に位置することが多く、1部リーグ昇格を果たしたことはありません。しかし、トップチームへの選手輩出には定評があり、近年ではヤクブ・ブラベッツ、オンドレイ・クデラ、ダビド・パヴェレクなどの選手がトップチームに昇格し、活躍しています。