ウィンブルドン 混合ダブルス

Links
Website Wikipedia (ja)

結果

Date R Home vs Away -
07/14 16:30 29 サンティアゴ・ゴンサレス/ジュリアナ・オルモス vs ヤン・ジェリンスキ/シエ・スーウェイ 4-6,2-6
07/12 18:40 28 ヤン・ジェリンスキ/シエ・スーウェイ vs マイケル・ヴィーナス/エリン・ラウトリフ 7-6,6-3
07/12 16:50 28 サンティアゴ・ゴンサレス/ジュリアナ・オルモス vs マキシモ・ゴンサレス/ウルリッケ・アイケリ 6-3,7-6
07/11 17:25 27 ニール・スクプスキー/クラウチェク vs マイケル・ヴィーナス/エリン・ラウトリフ 5-7,4-6
07/11 15:35 27 サンティアゴ・ゴンサレス/ジュリアナ・オルモス vs マーカス・ウィリス/アリシア・バーネット 6-3,7-5
07/11 13:20 27 ヤン・ジェリンスキ/シエ・スーウェイ vs ジェイミー・マリー/テイラー・タウンゼント 7-6,6-7,10-5
07/11 11:35 27 マキシモ・ゴンサレス/ウルリッケ・アイケリ vs ナサニエル・ラモンズ/柴原瑛菜 6-4,3-6,11-9
07/10 19:55 26 ヘンリー・パッテン/オリビア・ニコルズ vs マイケル・ヴィーナス/エリン・ラウトリフ 7-5,5-7,9-11
07/10 17:50 26 ニール・スクプスキー/クラウチェク vs カベル・マーティン/クリスティーナ・ブチャ 6-3,6-3
07/10 17:30 26 ジェイミー・マリー/テイラー・タウンゼント vs ケビン・クラウィッツ/アレクサンドラ・パノワ 6-7,6-1,10-5
07/10 16:25 26 モルテニ/エイジア・ムハンマド vs サンティアゴ・ゴンサレス/ジュリアナ・オルモス 6-7,6-4,8-10
07/10 16:00 26 マテ・パビッチ/リュドミラ・キチェノク vs マキシモ・ゴンサレス/ウルリッケ・アイケリ Walkover

ウィンブルドン選手権(ウィンブルドンせんしゅけん、英語: The Championships, Wimbledon)は、イギリス・ロンドンのウィンブルドン(Wimbledon)で開催されるテニスの4大国際大会の一つである。

History

1897年大会
1901年大会の女子ファイナル

第1回大会は、センターコートに置いてあった芝生の手入れ用のローラー (en) が老朽化したため新しくする資金集めを目的に、1877年7月9日から始まった。種目は男子シングルスのみで、21人のアマチュア選手が出場した。このときに、コートの広さや得点方法など、さまざまなルールが決められた。初チャンピオンとなったスペンサー・ゴアには25ギニーのトロフィーが贈られた。

1884年に女子シングルスと、それまでオックスフォードで開催されていた全英男子ダブルスがウィンブルドンで開催されるようになった。1913年には、女子ダブルスと混合ダブルスが加えられ、1968年にはプロ選手の参加が認められた。

2009年にはセンターコートに引き込み式屋根 (retractable roof) が設置され、同年6月29日、ディナラ・サフィナ対アメリ・モレスモの試合において初めて使用された。屋根は午後4時39分より動き始め、4時46分までには完全に閉じられた。午後5時19分、屋根が閉じた後初めてのプレーがモレスモのサーブにより開始された。

2015年より、それまで2週間だった全仏オープンとの間隔が、初めて3週間に引き伸ばされて開催されることとなった[]

2020年は新型コロナウイルスの感染拡大により中止された。大会中止は、第2次世界大戦後初のことだった。同年7月10日、オールイングランド・ローンテニス・クラブ(AELTC)は男子シングルスのシードについて、2021年から世界ランキングのみを基準にすると発表した。

2022年4月、大会を主催するAELTCは、ロシアによるウクライナ侵攻が勃発したことを受け、侵攻当事国のロシアと同国を支援するベラルーシの両国選手についてエントリーを拒否し、大会から除外することを発表した。これにより、当時の世界ランキング男子2位のダニール・メドベージェフ、同8位のアンドレイ・ルブレフ、女子4位のアリーナ・サバレンカなどが出場不可能となった。

これに対し、各運営団体や選手から非難の声が上がった。ATPとWTAは、決定を「国籍に基づく差別」「合意違反に当たる」として批判した。当時世界1位のノバク・ジョコビッチやOGのマルチナ・ナブラチロワ、ビリー・ジーン・キングなどが反対を明言した。侵攻されているウクライナの女子選手エリナ・スビトリナは、「出場禁止は望んでいないこと」とコメントしたが、同時に政治的踏み絵をさせるべきとした。排除対象となるロシア選手のうち、男子8位のアンドレイ・ルブレフは「完全な差別だ」と非難し、賞金寄付等の別の道を提言した。ダリア・カサトキナは「残念」「大会よりも人の命のほうが断然大事」と発言した。

5月20日、ATPおよびWTAは声明を発表し、ウィンブルドン選手権について「公平性を欠く」「あしき前例となる」と指摘し、世界ランキングのポイントを付与しないことを明らかにした。ITFも、車いす部門およびジュニア部門にポイントを付与しないとした。主催者は「とても残念でならない」との声明を出し、英政府が出した指針の影響が強かったと強調した。ポイント不付与もまた選手から不満の声があがった。また、結果として、大会4連覇を成し遂げたジョコビッチが7位に落ち、当時世界1位のロシア人選手であるダニール・メドベージェフを利するという皮肉になった。センターコート100周年ながら前代未聞の大会となった中、車いす男子シングルスでは国枝慎吾が制し、生涯グランドスラムを達成した。翌年以降は中立性を取り戻し、ポイント付与も復活した。


「ウィンブルドン混合ダブルス」とは、テニスのトーナメントの一つであり、ウィンブルドン選手権の一環として行われる競技です。このトーナメントは、男女混合のダブルス形式で行われ、男性選手と女性選手がペアを組んで戦います。ウィンブルドン混合ダブルスは、世界中からトップクラスのテニスプレーヤーが集まり、その技術と戦略を競い合います。このトーナメントは、ウィンブルドン選手権の他のカテゴリーと同様に、芝コートで行われるため、プレーヤーたちは高速でスリリングな試合を展開します。ウィンブルドン混合ダブルスは、テニスファンにとって非常に魅力的なイベントであり、世界中の視聴者を魅了することでしょう。