スケジュール

UEFAチャンピオンズリーグ予選 07/31 18:00 15 パルチザン・ベオグラード vs ディナモキエフ - View
ウクライナ プレミアリーグ 08/03 13:00 1 PFCオレクサンドリーヤ vs ディナモキエフ - View
ウクライナ プレミアリーグ 08/10 13:00 2 ディナモキエフ vs FCヴェレスリヴネ - View
ウクライナ プレミアリーグ 08/17 15:00 3 カルパティリヴィウ vs ディナモキエフ - View
ウクライナ プレミアリーグ 08/24 15:00 4 ディナモキエフ vs ヴォルスクラ・ポルタヴァ - View
ウクライナ プレミアリーグ 08/31 15:00 5 ディナモキエフ vs LNZレベジン - View

結果

UEFAチャンピオンズリーグ予選 07/23 18:00 15 ディナモキーウ v パルチザン・ベオグラード W 6-2
欧州親善試合 07/18 15:00 - ディナモキーウ v ウニオンベルリン L 2-3
ワールドクラブ親善試合 07/17 16:00 - ディナモキーウ v マメロディ・サウダウンズFC W 1-0
欧州親善試合 07/17 15:00 - ディナモキーウ v マメロディ・サウダウンズFC - View
欧州親善試合 07/14 12:00 - ブロンビー v ディナモキーウ W 0-4
欧州親善試合 07/13 14:00 - シャルケ v ディナモキーウ D 2-2
欧州親善試合 07/10 15:00 - パーダーボルン07 v ディナモキーウ D 0-0
ウクライナ プレミアリーグ 05/25 12:30 30 [5] FCルフリヴィウ v ディナモキーウ [2] W 1-2
ウクライナ プレミアリーグ 05/18 12:30 29 [2] ディナモキーウ v FCクリヴィリ・クリヴィー・リフ [3] W 3-1
ウクライナ プレミアリーグ 05/11 15:00 28 [1] シャフタール v ディナモキーウ [2] L 1-0
ウクライナ プレミアリーグ 05/05 12:30 27 [2] ディナモキーウ v コロスコヴァリフカ [9] W 5-0
ウクライナ プレミアリーグ 05/01 12:30 5 [2] ディナモキーウ v FCヴェレスリヴネ [14] W 3-0

Stats

 TotalHomeAway
Matches played 47 26 21
Wins 27 17 10
Draws 7 3 4
Losses 13 6 7
Goals for 98 59 39
Goals against 50 25 25
Clean sheets 15 10 5
Failed to score 10 5 5

FCディナモ・キエフまたはFCディナモ・キーウ(ウクライナ語: Футбольний клуб «Динамо» Київ、英語: FC Dynamo Kyiv)は、ウクライナの首都キーウを本拠地とするプロサッカークラブである。

History

1928年のディナモ・キエフ

クラブは全国的ソビエトスポーツ協会「ディナモ(英語版)」のアマチュアスポーツクラブの一つとして1927年に設立された。クラブは内務人民委員部(NKVD、ソ連国家保安委員会 (KGB) の前身)、後にロシア内務省 (MVD) の公的資金によって支援された。

そして1950年代から1980年代に掛けて、選手達は警察または内部の軍隊役員として公式に評価された。しかし、それ以外の大多数の一般ソビエト市民は「スポーツ協会」に義務的に会費を払い参加した。

ソビエト連邦時代の間、クラブはモスクワの主要なサッカークラブに対抗することができるライバルの一つであった。ソビエトサッカー界においてモスクワを本拠地とするクラブの優位性に対し、常に彼らに対抗し得る実力を維持し続けた。これはウクライナの民族のプライドの問題でもあった。ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の代表は、非公式にクラブをウクライナのナショナルチームと考え、クラブに対し寛大な支援を提供した。

クラブはソ連リーグにおいて1966年、1967年、1968年の3連覇を始め13度のリーグタイトルを獲得。これはソ連リーグ最多記録であった。

国際舞台においても1975年と1986年にUEFAカップウィナーズカップで、1975年にUEFAスーパーカップで優勝している。UEFAチャンピオンズリーグでは1977年、1987年、1999年に準決勝に進出した。これらの成功はヴァレリー・ロバノフスキー監督(1960年代のディナモの選手。後に長期間クラブの監督を務めた。またソ連代表の監督も一時期兼務していた)の手腕によって導かれた。

またクラブの全盛期であった1970年代から1980年代当時はソ連代表の大部分がディナモの選手達で構成されていた時期もあった。中でもオレグ・ブロヒンはソ連リーグ通算211得点の記録を持つ往年の名ストライカーで、通算432試合出場もリーグ最多記録である。ブロヒンは300以上に及ぶ公式な得点記録(ソ連リーグ、ソ連カップ、UEFA主催のクラブ国際大会、ソ連代表試合、その他を含む)で、これまでのソ連の得点者達をリードしている。

1991年のソビエト連邦の崩壊後、新しく誕生したウクライナ・プレミアリーグの一員となり、1992-93シーズンから9連覇を達成する等、名門クラブとしての地位は旧ソ連時代以来変わることはなかった。しかし近年、この優位性は東部地方のドネツィクを本拠地とするシャフタール・ドネツクによって脅かされており、現在は熾烈な覇権争いを繰り広げている。両者の対戦はウクライナダービーと呼ばれる。

ディナモキーウは、ウクライナのプロサッカークラブです。ウクライナ・プレミアリーグに所属しています。キーウを本拠地としており、1927年に設立されました。ディナモキーウは、ウクライナで最も成功したクラブであり、ソビエト連邦時代も数々のタイトルを獲得しました。UEFAチャンピオンズリーグでは、1975年に準優勝を果たしています。

ディナモキーウは、ウクライナ代表チームの中心的な選手を多く輩出しており、2006年のワールドカップでは、大会最多の7人の選手を輩出しました。クラブのスタジアムは、オリンピスキ・スタジアムで、収容人数は70,050人です。ディナモキーウは、ウクライナで最も人気のあるクラブであり、ファンの数は100万人を超えるとされています。